kyousei

一般的な矯正とは異なり、成長期だからこそ行うことができる矯正治療となります。

そのため、歯並びと言うよりは顎(あご)の矯正と理解してください。あごの前後の移動や拡大(大きくする)によって、歯が正しく並ぶスペースを確保し、悪い歯並びを無くしていくという考え方です。

時期としましては、幼稚園児から小学生の高学年になる前までの期間が目安になります。

矯正装置は、マウスピースのような器具などを使います。
期間や費用は、症状によって変わります。

受け口

開始時期:前歯の乳歯が抜けて、大人の歯が生えてきたら
矯正期間:2、3ヶ月〜1年ぐらい
矯正装置:ムーシルドなど

出っ歯(実際は、顎が後ろに成長したために、出っ歯に見える場合)

開始時期:6歳臼歯が生えそろった時
矯正期間:3、4ヶ月〜1年ぐらい
矯正装置:バイオネーターなど

出っ歯(上顎の前歯のみが倒れている場合)

開始時期:気になった時。指しゃぶりなどの習慣がある場合、それを辞めてから。
矯正期間:半年〜2年
矯正装置:マルチブラケットなど

歯並びが悪い(あごが小さい)

開始時期:幼稚園年長から小学校低学年で前歯の歯並びが悪くなるとわかった時
1)乳歯の時点で、すでに歯並びが悪い
2)前歯の生え変わりのときに、“すきっ歯”になっていない。
3)大人の前歯4本がきれいに並んでいない
矯正期間:1、2年〜
矯正装置:拡大床など

顎が小さい、前歯が出ている

開始時期:上記と同じ
矯正期間:1、2年〜
矯正装置:バイオネーターから拡大床へ移行、など

小児矯正の注意事項

1)一部を除いて、取り外しの出来る矯正装置を使用します。

取り外せるという点においては大変便利ですが、取り外せるだけにきちんと使っていなければ(装置をはめていなければ)、何も変わりません。

痛みがある箇所は調整しますが、話しづらい、違和感があるなどの症状は慣れてきます。

2)あくまでも、顎(あご)の矯正です。歯並びの矯正ではありません。

あごを大きくすることでスペースを作り、そこに歯を誘導します。

きちんと正しい位置に歯が並んできてくれるお子さんがほとんどですが、隙間をつくったものの歯が動かないケースもあります。その場合は、ワイヤー矯正に移行します。

お子さんのきれいな歯並びを目指すには?

親御さんにとって、お子さんの歯並びは気になるものです。

自然にきれいに並ぶのか、それとも矯正は必要なのか…

男の子であれ女の子であれ、きれいに越したことはありません。

では、理想的な歯並びとなるためには、成長の過程でどのようなポイントに気をつけていくとよいのでしょうか?

3歳頃(乳歯列完成期)

この頃になると、乳歯が生えそろいます。乳歯が生えそろう頃になると、将来の歯並びに対するある程度の予測が立てられるようになります。

この時点で歯並びが悪い(前後に歯が重なっている)と、大人の歯に生えかわっても歯並びは悪くなりやすいです。

ただし、受け口の場合は生え変わり時期で正常になるケースが多いです。

すぐに矯正治療を行う年齢ではありませんので、経過をみていくことになります。

5~6歳頃(前歯交換期①)

子どもの前歯がグラグラになってくる時期です。

実は、この時期までに “ すきっ歯 ” にならなければいけません。下から生えてくる大人の歯は子どもの歯より大きく、スペースが必要だからです。

隙間が無い状態で歯が抜けてしまうと、歯並びは悪くなります。

6歳頃(6歳臼歯萌出期)

子供の歯の奥に、大人の歯が生えてきます。

正しく噛み合っていれば問題はありません。
前後の位置を確認します。

6~7歳頃(前歯交換期②)

前歯の生え変わりの時期です。

子どもの歯の犬歯が残っていて、大人の歯の前歯4本がキレイに並ぶと、そのお子さんはきれいな歯並びになります。

言い換えると、この時期で前歯4本がきれいに並んでいないと歯並びは悪くなります。

小学校入学前後

次のようなポイントをチェックしておくことが大切です。

1)大人の歯はすべてあるのか?

足りなかったり多かったりしていないか、レントゲンにて確認します。

2)上唇小帯は長くないか?

小帯が異常だと大人の歯がすきっ歯になりますので、長ければ切ります。

3)悪い習慣はないか?

・指しゃぶり

出っ歯の大きな原因に。やめられないと、矯正してもまた悪くなります。

・下唇を噛む

顎が後ろにいく原因に。 矯正によってやめる子も多いです。

・舌を出す、舌を噛む。

前歯で噛めなくなる原因に。

トップへ戻る